WZ-660

当面はこちらのサイトで活動をしますが、更新頻度が下がったところで次のサイトに移転する予定です。
https://neo.icf3.net/wz660/

9月30日 WZetaシミュレータについて

Windows版はコンソールテキストによる強引なグラフィック表示からGDI表示に変更しましたが、 まだ公開してません。もう少しお待ちください。


8月22日 WZetaシミュレータ、お試し公開(13)

3か月ぶりの更新です。 シューティングゲームモドキの動画のプログラムが入っています。 公開用のファイルに仕上げているわけではなくて、昨日、ようやっと動作したプログラムです。 おおめに見てやってください。 この動画にあるプログラムを実行するには高性能なWindows10以降のPCが必要ですが、 計算結果の数字をテキストで出力するだけのシミュレータはWindows95でも動作します。

ゲーム用のグラフィックデータは「ゲームアルゴリズム まるごと図鑑」廣瀬豪(著)のデータを 加工したものが、僅かに入っていますが、個人利用であればインターネットによる公開は OKのようです。

アセンブラに強い人とか、わかる人は、わかるという説明しかないので、 悪意、敵意の無い人は、お気軽にご質問ください。

公開ファイル WZetaシミュレータ バイナリのみ
WZetaSim2022_08_22.zip
SHA-1 : 3a6876ae2e157f8a1033c3872b08bd05d94e27c8


5月27日 WZetaシミュレータ、お試し公開(12)

新規命令LOOPZEROの追加。$PRINT命令で表示がずれるバグの対策など。 verilogのバイナリを最新版に更新。

アセンブラに強い人とか、わかる人は、わかるという説明しかないので、 悪意、敵意の無い人は、お気軽にご質問ください。

2022年8月22日、公開終了


SHA-1 : 4b3deba1decf9c2df8618c1f01855bcb34cf3bf9


5月18日 WZetaシミュレータ、お試し公開(10)

HALFモデルのバグ対策のみ。imgload2.asmを追加。

2022年6月2日、公開終了


SHA-1 : 7486b8fb212e2a3a4d2d0c68f93c0144594e32a7


4月26日 WZetaシミュレータ、お試し公開(9)

8bitパソコン・シミュレータ「WZ-660」で320x240 16色の 画面モードが使えるようになりました。 お試し公開ですがライセンス違反などの問題は、一切ありません。
Windows2000版でも高解像度(320x240、256x192)が使えるようになりました。 画像はWindowsXPの実行結果、GPUがないパソコンを使ったので1280x720の画面に 320x240を表示させています。

アセンブラに強い人とか、わかる人は、わかるという説明しかないので、 悪意、敵意の無い人は、お気軽にご質問ください。

2022年6月2日、公開終了


SHA-1 : 3aaa4bb8243b4eefe35087125e1ea913fb82b730

図をマウスでクリックすると拡大されます


4月24日 WZetaシミュレータ、お試し公開(8)

8bitパソコン・シミュレータ「WZ-660」で320x240 16色の 画面モードが使えるようになりました。 お試し公開ですがライセンス違反などの問題は、一切ありません。
前回の日記 にあるマンデルブロ画像の表示やカラーバーの表示ができるサンプルが添付されています。
V-RAMの画像フォーマットは4bitのカラーコードを320x240個並べただけなので、 自作の画像データを表示させるプログラムは簡単に作れると思います。

カードゲームのような画面表示が遅くても問題がないゲームは、作れるかも。 まだ仕様に手直しが入ることもあるとは思いますが。

アセンブラに強い人とか、わかる人は、わかるという説明しかないので、 悪意、敵意の無い人は、お気軽にご質問ください。

2022年6月2日、公開終了


SHA-1 : dc0e567431441809ef18063b991a21aab6fcd5c1


4月10日 WZetaシミュレータ、お試し公開(7)

8bitパソコン・シミュレータ「WZ-660」の機能を強化しました。 お試し公開ですがライセンス違反などの問題は、一切ありません。
80x24のテキスト画面以外にも、80x24ドットのモノクロ グラフィックと、 160x48ドットのモノクロ グラフィックの表示が可能になりました。 使い方はサンプルプログラム添付していますので、そちらを参照してください。 ドット絵になったABCの文字が左から右に流れるサンプルプログラムです。 処理が重いわけではなくて1ドット移動する度に1秒止まるシミュレーション 専用命令を使っています。表示を明示的にしなくても空ループをいれても表示はされます。 処理速度の違うマシンで動作検証をするためにシミュレーション専用命令を入れています。

WZ-660もWin95版のバイナリを追加しました。 中古品のWindows95といのも、まだ販売されているようです。 Win95はOSR2というバージョンで動作確認しています。Win95は、 Internet Explorer5.5までなのですが、IEにOSのアップデートが入っている 感じもあるのでWin98があるなら、そちらが無難ではありそうです。

アセンブラに強い人とか、わかる人は、わかるという説明しかないので、 悪意、敵意の無い人は、お気軽にご質問ください。

2022年6月2日、公開終了


SHA-1 : a8c09cdc1b98e45985f1c82e239d7b25f8193712


8bit CPU WZetaの情報共有サイト