Home

WZeta FAQ

WZetaの命令セットは逆ポーランドなの?

いいえ。
語順は逆順なのですが、逆ポーランド電卓のようにスタックに値を乗せるわけではなくて、 値の示すメモリアドレスのデータを読み込むだけです。 逆ポーランド記法と言えなくはないかもしれません。ただ仮想CPUの逆ポーランドと混同するため非推奨です。
WZetaの命令セットにあるハードマクロ命令の機能を使って仮想CPUを作ることができます。 計算機資源の少ない8bit CPU WZetaでは、簡素な作りで動作するスタックマシンの仮想CPUを作る場合があります。 そういったスタックマシンの命令セットが逆ポーランドだと説明しています。


WZetaにNOT命令がない

AレジスタのNOTは
XOR A,0xFF

のようにすれば演算できます。


WZetaは低消費電力なのか?

語順を逆にすることでオペランドのメモリアドレスを投機的アクセス可能にしたWZetaですが、 投機的なメモリアクセスは電力を無駄に消費します。 しかしながら投機的アクセスによる性能向上によって電力当たりの性能は向上することもあります。 メモリアクセス1回の消費電力、プログラム、コアによってWZetaの消費電力は変化します。 SDogコアでは全命令、投機的アクセスをしますが、プログラムで各命令が投機的アクセスに成功する確率は 60~65%なので、性能向上による電力効果のほうが、大きいかもしれません。

投機的アクセス成功率は、
AES 約65%
SHA-1 約65%
RSA 約59%















暗号プロセッサ OpenICF3